Menu
松田会トップ

クリニカルクラークシップ型OJT(1年目のみ)




入職~3ヵ月程度はクリニカルクラークシップを基にしたOJTにて(見学→模倣→監視下)、基礎的な技能を身に付けます。





デイリーノート



日々の臨床の中で疑問に思ったことなどをノートに用いて記入し、先輩からのフィードバックを受け、翌日の臨床に活かしています。症例をまとめるツールにもなっています。





新人チェックリスト



3年間で習得したい内容をリスト化しています。面談時に、どこまで何ができているか、次の課題は何かを新人と指導者で共有しています。





面談



新人は毎月、2~3年目は3ヵ月に1度、指導者や所属長と面談をする機会を設けています。新人教育プログラムの進み具合や、仕事上の悩み等を聞き、スタッフに沿った目標を設定し成長を促しています。





症例発表


1年に2回症例をまとめて発表する機会を設けています。症例報告の書き方や発表の仕方を学ぶと共に、多数の先輩から貴重なアドバイスをもらうことで、多くの新人が問題を解決するヒントを得ています。





リハ部内勉強会


〇新型コロナウイルスで集合研修が難しいため、勉強会をオンラインで実施しています。また新人が見るべき項目をオンデマンド化し、いつでも視聴できる環境を整えています(リスク管理、関節可動域練習、認知症対応、ADLへの関わり方等)。
〇2023年5月から新型コロナウイルスが5類へ移行となるに伴い、集合研修ができるように検討しています。

Copyright (C) 医療法人 松田会 All Rights Reserved.
ページトップへ戻る