Sample Dental Clinic

022-378-5666〒981-3217 仙台市泉区実沢字立田屋敷17-1

スポーツ整形外科・関節鏡センター

膝・下肢

前十字靭帯損傷

膝前十字靱帯とは
 膝前十字靱帯は膝の中心部にある靱帯で、スポーツをするうえで非常に重要です。他の靱帯に比して自然治癒能力に乏しいため、断裂すると膝のゆるみが残り、スポーツ活動などに支障をきたしてきます。前十字靱帯損傷を放置したままスポーツ活動を継続すると、ジャンプの着地やストップ動作、方向転換などの時に踏ん張りきれず、膝のずれによる再受傷を繰返すことになります。再受傷を繰返すと二次的に半月板や軟骨にも損傷が加わり、徐々に関節が壊れていくことになります。
 従って競技スポーツ選手には早期の手術をすすめています。手術は半腱様筋腱という膝の裏側の腱、もしくは膝蓋腱という膝の前の腱を靱帯の再建材料として行なっています。当院では、解剖学的2(3)重束再建術という方法で、より解剖学的に正常に近い靱帯をつくることを心掛け、治療成績の向上に努めています。
スポーツ復帰はほとんどの選手は可能ですが、早期にスポーツ復帰をはかると再断裂のリスクがあるので、最短で半年程度での試合出場を目標とすることになります。(一般的には1年程度かけて復帰をはかるのが安全であると言われています)
 事情があり手術ができない選手にはリハビリを中心とした指導をして再受傷のリスク軽減をはかっています。
 競技スポーツ選手でなければ、断裂を放置しても不自由のない方も多くいらっしゃいますので、しばらく経過をみて不自由を感じる方にのみ手術をおすすめしています。
膝前十字靱帯
 
 前十字靭帯損傷
   
正常例  
新鮮例 新鮮例
陳旧例 陳旧例