松田病院 リハビリテーション科 外来部門 より皆様へ

患者様に選び続けて頂ける、日本一安心で感じが好い、
リハビリ外来部門が目標です。


ケガ・病気や手術により、日常生活やスポーツ・仕事等に支障がある
患者様に対して、痛みや身体機能の回復のためリハビリテーションを
中心に行っています。


職員数 23名(理学療法士11名 作業療法士3名 言語聴覚士1名 柔道整復師6名 受付・アシスタント2名)
患者様の状態

変形性関節症、腰痛、五十肩、捻挫などの整形外科疾患やスポーツ障害脳卒中後遺症などの神経疾患など


最新の物理療法機器で治療 脚の筋力測定

足首の捻挫に対してテーピング

靴のインソール作成

患者様自身でも行なえるストレッチやトレーニングの指導、テーピング(Functional taping)
や靴のインソール(Functional Orthothics Insole:FOI)作成、電気療法や超音波治療など
の物理療法、ウォーターベット等のリラクゼーションなど、リハビリテーションの豊富な知識・
技術・機器を取り揃えております。


喜びの声

「今まで毎朝、足が突っ張って目が覚めていたのに、足が突っ張らなくなり、ぐっすり眠れるようになりました。そして、立ち上がる時の膝の痛みもなくなりました。」
(70代女性患者様より)

「痛みなく投球できるようになっただけでなく、今までよりも良い球を投げられるようになりました。」
(10代男性患者様より)


仕事や学校が終わってからも通院して頂けるように、平日18時30分まで受付をしています。